KE プレステ−ジクラス 2010年12月06日

2010年12月05日(日) 19時30分
サワディカー
今回は、飛行機のお話しをします。

KEのプレステージ(ビジネス)クラスはとても快適でした。

関空-仁川 (ソウル)
プレステ−ジクラスなので、関西国際空港のKEラウンジで出発までくつろぎます。





ラウンジでは飲み物やお食事がサ−ビスされます。








朝早い出発でしたから、ラウンジで軽食をいただきました。




さあ、飛行機に乗り込みます。
シートも凄く広くて楽々・






日本から韓国ソウルまでは1時間半の短いフライトなのに
ハ−フボトルのワインに
きちんとしたお料理がサーブされ
いきなりお腹いっぱい・ (笑)



前菜とメインディッシュは別々でサ−ブされます。




仁川(ソウル)-バンコク
乗り換えで仁川(ソウル)にて2時間待ちですが、
空港内の「KEラウンジ」で食事をしながらくつろいでいます。



「KEラウンジ」では、アルコ−ルを含む飲み物、食事が無料でサ−ビスされます。
また、仮眠できる安楽椅子やシャワ−ル−ムまで完備されているので、
乗り換えの時間があっても楽に移動できます。





ファースト&プレステージクラスは一番最初に機内案内され
シャンパンがウェルカムドリンクとしてサーブされます…





でも今回びっくりしたのは15席しかないシートの形と広さです。
言葉にするのは難しいですが
ボタン1つでフルフラットに!
(180度水平、ベッド状態になります)
楽々寝返りもできるのでぐっすり快眠できました。












びっくりその(2)は
ディナーです。

食前酒 前菜 サラダスープ メイン料理
(私とキクちゃんはヘレステーキをチョイス 焼き加減はミディアムレアー)
デザート・一品ずつサーブされます。

前菜のエビのカクテル



お魚のサラダ



ヘレステ−キ



料理ごとにサーブされるワインでお食事をを機内で頂けるとは
疲れるどころが超快適でした。

と言うことで、あっ言う間にバンコクに着きました。

天空の城「シロッコ」 2010年12月05日

2010年12月05日(日) 19時02分
サワディカー

今回最初の滞在ホテル
「Lebua at State Tower Hotel」の61階から最上階63階ドームにある
すべてのレストラン&バーにはドレスコードがあり
軽装では入店出来ません。

このあたりが、普通のホテルと違い
「5つ星ホテル」たる所以です。

私達はそれぞれにドレスアップして天空の城「シロッコ」のバーに向かいました。
地上63階でエレベ−タ-を降り、外に出ると





・・・・そこは別世界 ・・・・
天空のレストラン&バーの出現です。





まるで異次元空間にトリップした気分になりました。

ちょうど夕焼けが綺麗な時間で・・・・









暮れゆく大都会バンコクに
夜の灯火が煌めいて









地上64階、オ−プンエア−からの夜景は絶景で
とても、ロマンチックですよ。
是非行かれる事をおすすめします。
















「シロッコ」で軽く飲んだ後、夕食に向かいました。

タイスキの有名店「COCAレストラン」です。
いつも満席状態なので予約を入れて出発しました。
「Coca Suki Restaurant 」は1957年にタイで創業したアジアを代表するタイ料理レストランです。







前菜でいただきました。
クンヤッサイコカ(COCA Stuffed Prawn)
どっしり大きなエビの中に、シイタケや湯葉を詰めて、カラリと揚げた料理。



異国の地でお鍋を囲むのもいいですよ〜
タイの物価を考えると少しお高目ですが、
美味しさには代えられないですよね。

淑女レッスン・トリップ 2日目  2010年12月04日

2010年12月04日(土) 10時45分
サワディカー

昨日「Lebua at State Tower Hotel」にチェックインしました。










部屋は52階で凄く広いです。

テラスからの眺めは絶景です。







天空のベッドルームから目覚めて朝食へ…










オムレツはお好みで










ホテルの朝食は、凄く豪華で
タイ 中華 欧米料理のバイキング・日本食の寿司もあり
1週間滞在しても全部の種類を食べる事はできそうにないぐらいの種類です。













もちろんタイ料理も




ジャムはホテルホ−ムメ−ドの手作りです。









ここで早めの朝食をとり
今からパワースポット巡りです。
四ヵ所のパワ−スポットを巡り










中華の御利益ランチで締めくくり。


















午後からはホテル探検・
ジム プール サウナ etc.…
ジャグジ−で至福のひととき




プ−ルサイドでゆっくりお昼寝




午前中の疲れを癒す為に
ミストサウナに突入です
ふぅ〜スッキリ・










夜は世界的に有名な「シロッコ」デビューで〜す・

2日目後半は次回に…

プレステージクラス

2010年11月29日(月) 20時09分
今回の淑女レッスン・トリップは、飛行機にもこだわります。

ご存じのように国際線の飛行機は、「エコノミ-」と「ビジネスクラス」
航空会社によっては「ファ−ストクラス」
と座る場所を分けて差別化をしています。



私、きくちゃん、メグミの3人は 「ビジネスクラス」で移動いたします。




このクラス分けは、単にシ−トの広さが違うというだけでなく
サ−ビスやキャビンアテンダントが違います。

また、ハワイなどのリゾ−ト路線の場合、「エコノミー」はTシャツ姿の乗客が大半ですが、「ビジネスクラス」はハイセンスなジャケット姿の乗客が大半と、搭乗している乗客の雰囲気などが別世界のように違います。

現在、世界の航空会社の中で
最も最新の設備と豪華さを誇る「ビジネスクラス」が「KE」です。
「KE」では「プレステージクラス」と呼びます。

エコノミークラスでの旅行では、
飛行機は「単なる移動手段」に過ぎませんが
「プレステージクラス」は、空港にチェックインした瞬間から
紳士・淑女にふさわしい徹底したおもてなし・サ−ビスが受けられます。





例えば
1,飛行機出発までの「特別ラウンジ」の用意、ラウンジ内での飲食サ−ビス
  (シャワ−・ル−ムやフルフラットシ−トでの仮眠室の用意)

2,飛行機に乗り込むと同時に、
  グラスでのシャンパンが用意されています。

3、食事は、「日本料理」「中華料理」「西洋料理」「韓国料理」
  の4コ−スからチョイス
  (これは、フライト予約時に食事も予約します。)

4、エコノミークラスの食事は、ワンプレ−ト(プラスティク1皿)で
  いうなれば「お弁当」ですが、
  プレステージクラスの食事は「ホテルのディナー」です。

  前菜から始まって、サラダ・パン・メインディッシュがそれぞれの食器でサ−ブされ、
  デザ−トは「ゴディバ」のチョコレ−トやケ−キ、各種フル−ツの
  盛り合わせがそれぞれ別プレ−トで出てきます。

  ちなみに、これらのデザ−トは食べ放題で
  スイ−ツ好きな淑女にはたまらない魅力です。

5、お酒は、ブランデーからワイン・シャンパンにいたるまで、
  あらゆる種類がボトルにて用意されています。
  食事前には、「ワインリスト」が手渡され、
  注文する時に種類に迷うと、
  専門知識を持つキャビン・アテンダントがお薦めしてくれます。

6,食事の容器は、KEの場合、
  全て「ウエッジ・ウッド」を使用しています。
http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/if/cs/jpn_if_cs_pc_01.jsp

7、スチュワ−デスも客室クラスにより異なり、
  エコノミ-とプレステージクラスでは、
  言葉使い、態度が差別化されています。

まだまだ、違いがありますが、それは実際に搭乗されて「一流のサ−ビス」を受けられて実感して下さい。
http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/if/cs/jpn_if_cs_fc_02.jsp

今回、日本韓国間 韓国タイ間と合計4回のフライトですが、つまり4回の食事が出ることになります。
これだけでも、スゴイですね。

また、この区間の飛行機は最新機種の使用なので
シ−トは他社航空会社では「ファ−スト・クラス」に相当する
「セパレ−トゆりかごシ−ト」プレステージ プラスシートでのフライトになります。
http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/if/cs/jpn_if_cs_pc.jsp#2

マンダリン・オリエンタル・バンコク

2010年11月29日(月) 18時33分
今回の旅行のハイライトでもある
私の一番お気に入りのホテル

「マンダリン・オリエンタル・バンコク」を紹介します。



設立以来130年に及ぶ歴史を誇り、
「1人の宿泊客に対して4人のスタッフがついている」と称されているサ−ビスで

1981年、米国の「インスティテューショナル・インベスター」誌が
「世界一のホテル」と称して以来、
10年間世界のホテルベストランキングで毎年一位を受賞したそうです。

その後も、度々一位の座に輝き、「コンデナスト・トラベラー」誌等、
権威のある雑誌で数多くの賞を受賞しています。




マンダリンオリエンタルバンコクのロビー。
チーク材がふんだんに使われ、タイならではかつ歴史ある重厚なつくりとなっています。










ロビ−にある旧館入り口より、お部屋に向います。







今回お部屋指定で予約した
ガ−デン・ウイングのメゾネットスイ−トです。







バスル−ムのアメニティは
なんと「エルメス」です。




こちらは、前回宿泊のスイ−トです。




オリエンタル・ホテルのオリジナルの建物である、
旧館「オーサーズ・ウイング」



前世紀にホテルに長期滞在し、執筆活動をしていた著名な作家4人の名前を冠している
「サマーセット・モーム・スイート」



「ジョセフ・コンラッド・スイート」




アフタヌ−ンティのサロンとなる、「オーサーズ・ラウンジ」










プ−ルは2つあります。










リバーサイド・テラス











マンダリン・オリエンタル・バンコクのホ−ムペ−ジはこちら
http://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/

ウィキペディアはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%AF

Lebua at State Tower Hotel

2010年11月28日(日) 17時33分
今回の「バンコク旅行」のコンセプトは「淑女レッスン・トリップ」です。
私、きくちゃん、メグの3人で本物を学んでまいります。

ハイライトは前回の日記でご紹介した「マンダリン・オリエンタルホテル」ですが

その前に、昨年バンコク訪問時に気になっていた
高さ63階の高層タワ−ホテル「Lebua at State Tower Hotel」に宿泊します。
















Lebua at State Tower Hotelは
アジアで最も活気があるとされる都市「バンコク」を一望でき
エレガントに過ごせる
最新の素晴らしい5つ星ホテルです。

なんと、ホテルアメニティは全て「ブルガリ」を使っています。






お部屋は全て、ベッドル−ム以外にリビング・ダイニング・ル−ムがある。
「スイ−ト・ル−ム」です。







素敵な都市型ホテルですよ

最上階の「スカイ・バー」と「シロッコ」は
「世界で一番エキサイティングなレストラン」と評価されており
予約を入れることが困難だということで知られています。










ルブア アット ステイト タワー ホテルに宿泊すると
「スカイ・バー」に入れます。
その為、「スカイ・バー」に行くためだけに、 「ルブア アット ステイト タワー ホテル」に宿泊するそうです。










ホテル・ホ−ムペ−ジはとても気品があります。
(エレガントかつ現代的なダイナミックさで、
とにかく素敵なホテルです。

http://www.lebua.com/


淑女レッスンにはとてもお似合いのホテルだと思います。

衝動旅行!! 2010年11月05日17:37

2010年11月05日(金) 17時00分
今回からは、昨年の年末に「淑女レッスン・トリップ」と名付け
私のお友達で、いつもの旅行仲間である「きくちゃん」と「めぐみ」と
3人で出かけたタイ旅行について書いていきますね。

日記はMIXYで昨年にリアルタイムで書いたものを、写真を増やして転載してあります。
どうぞ、お楽しみ下さいね。

最近いきなり寒くなってきましたので
きくちゃんとめぐみにTEL

「バンコクのマンダリン・オリエンタル・ホテルが呼んでるよね!!」

2人の返事は
「いつから?」

「12月2日出発、9日帰りで8日間
ビジネスクラスの航空券押さえたからね!!」

きくちゃん
「マンダリン・オリエンタル行きたかったので」とあっさりOK!!

めぐみ
「あっ!! はい!! 行きます」といつもの冷静なお言葉で即決!!

理解ある主人を持つ、自由人主婦3人で行ってきます。 (笑い)


マンダリン・オリエンタル・ホテルから先程連絡があり、
リバ−サイドの希望のスイ−トの確保と
私は4度目のリピ−タになるので
空港まで、ベンツでお出迎えとのこと嬉しいかぎりですね。

ちなみに、「バンコク、マンダリン・オリエンタル・ホテル」は世界ホテルランキングで
長年、世界第1位にランキングされており、宿泊客も世界の要人やセレブ達でいつも華やかな雰囲気の
コロニアル朝のエレガントかつ華麗なホテルです。

今回は、オリエンタルだけではなく、
地上60階からバンコク市内を一望するようにそびえ立つ
「ルブア アット ステイト タワー ホテル」にも泊まろうと思っています。
ここの、ホテルの最上階の「シロッコ」というレストランはオ−プンエアで
今、世界一エキサイティングなレストランと評されています。
アメニティが「ブルガリ」ということもポイントが高いですね。


私達はバンコク帰りに、韓国ソウルで他のお友達も集合して、
「買い物しまくりましょうツア-」を急遽企画しています。

よく。「どうして女性がタイに旅行なんですか?タイがお好きなんですか?」と聞かれますが
私達は「マンダリン・オリエンタル・バンコク」が大好きなんです。
旅行は、「何処に行くのではなく、何処に泊まるか」ということが重要と考えております。

是非、今回のホテルをPCでご覧になって下さい。
ルブア アット ステイト タワー ホテル
http://www.lebua.com/

マンダリン・オリエンタル・バンコク
http://www.mandarinoriental.com/bangkok/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:YUKARI
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・海外旅行
    ・お買い物
    ・ファッション-Gianni Versace, Gucci
読者になる
http://yaplog.yukari1112.com/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE