19時間の大移動

2011年03月26日(土) 15時44分
ユカタン半島の東端
カリブ海のど真ん中に位置する、メキシコ・カンクン

すぐ東にはキュ−バ・ジャマイカ
すぐ南にはニカラグア



日本を中心とする、ランベルト正積方位図法で見ると
カンクンがおよそどのぐらいの距離に位置するかは一目瞭然です。

ロサンゼルスでの乗り継ぎ1泊をし
総距離13000キロ
総飛行時間19時間をかけてやっと日本に戻ってきました。

JWマリオットを午後2時にチェックアウト



カンクン国際空港



この飛行機に6時間乗り、ロサンゼルスまで



カンクンは夕刻に出発でした、機上からの夕焼けです




ロス到着は午後10時過ぎ





この日はLAXエアポ−ト近くのホテルで宿泊





ロサンゼルス国際空港内のロサンゼルス・レイカ−ズ・ショップ
息子は最後に大喜び
またまた、グッズのお買い上げ (笑)









ロサンゼルス出発が飛行機整備の遅れで2時間の遅延になり
成田での1泊も覚悟しましたが、伊丹線出発10分前に滑り込みで搭乗!!
無事、西宮に帰宅いたしました。

La Parrilla

2011年03月25日(金) 23時16分
カンクン最後の夜は、
メキシコらしく過ごそうという事で
ダウンタウンの人気店ラ・パリージャへ
やって来ました。





受付の女性、ラテン女性は綺麗ですね。




ラ・パリージャは19時以降、
メキシコの本場マリアッチが入り、
とても賑やかになります。




私達が入店する頃には、ストリートまで音楽や歌が聞こえ、
お客さんの大喝采や笑い声、大合唱などでかなり盛り上がってました。




内装はメキシコそのもの
嬉しくなりますね。






私は「マルガリータ」
主人は「ピニャコラーダ」を注文
ガンガン飲んでます。(笑)








前菜のタコチップ
サルサはお好みで




★シザーサラダ 

このラ・パリージャのシザーサラダは、
テーブルサイドでウェイターがドレッシングから仕込んでくれるという凝りようです

味も絶妙、
量もアメリカ向けのようなどっさりてんこ盛りで
サラダだけでおなか一杯なんて野暮ったいサラダでなく

ちょっとした前菜として食べられるサイズ
アンチョビーが効いて凄くおいしいですよ














★タコス・アル・パストール 

こちらは夜のタコスで、
夕食を軽く食べるだけのメキシコ人が好んで食べるタコスの一つです。

豚肉をブロイルして、シラントロやセボーヤ(たまねぎ)、パイナップルを盛って出てきます。
これとマルガリータで乾杯するとこれだけで幸せな気分に浸れます(笑)





おかわりのマルガリータは、頭の上に乗せて運んでくれました。






★シーフードスープ 

ラ・パリージャでは人気ナンバー1メニュー。
海鮮が沢山入った具沢山のスープです。
あまりの美味しさにビックリしますよ。




ここまでで、テーブルの上は満タン(笑)




ここからがメインディシュです。

★テキーラ・シュリンプ 

テキーラのクリームソースを使ったエビ料理。
とてもコクがあるクリームソースが絶品です。




とてもおいしい上に、目の前で調理してくれるので見ていても楽しいです。
火が上がる度に、回りのお客さんも拍手喝采で大盛りあがりです。












★ブロシェッタのサーフ&ターフ 

牛肉と海老の串焼き料理です。




これも目の前で料理してくれますが、
なんと、パイナップルの顔に派手に盛り付けをしてやってきますので、
パフォーマンス度はとても高めです。







お昼にホテルのプールサイドで
日光浴しながら下調べしたおかけで
本当に楽しいメキシカン・ディナーができました。

極上のリラックス・タイム 2

2011年03月25日(金) 22時25分
今日は、ホテルのビーチに出ました。
こんなサラサラの白砂は初体験です。
















ランチはハンバーガーとクラブケーキ
ビックサイズでお腹いっぱい





建物を挟んで向こう側にある
アダルト専用プール
18歳未満は立ち入り禁止です。






プールバーがあります。
ここで飲むマルガリータが最高です。




広大な敷地があるからこそですね。
空気は一段とハイレベルです。

ダイビングの練習用のプールです。




至福のリラックス・タイムです。








極上のリラックス・タイム

2011年03月25日(金) 21時56分
今日のカンクンは気温30度
プールサイドでのリラックス・タイムに
ピッタリな晴天です。



今日もJWマリオットの
ビーチが見えるスペースで日光浴






このプールの先端で
カリブ海を見ると最高です。










ビーチマットの争奪戦とは無縁です。(笑)














広大なプールです。
ここからホテルの建物の下まで
プールが連なっています。



私のカンクン評価

2011年03月24日(木) 23時59分
カンクンについて私なりの評価を書きますね

あくまで、私の感覚ですからブログを見に来られる方との
相違はご勘弁下さいね。

メキシコは今回で8度目になります。

初メキシコは15年前

私のお気に入り作家シドニー・シェルダンの小説の舞台になった
マンザニロのドリームホテル「ラスハダス」でした。







日本人がわざわざやって来たということで
支配人がビックリして挨拶に来られました。(笑)

2回目はカルフォルニア半島の
先端部にあるロスカボス

イタリア人デザイナーがとてつもないホテルを設計したと聞きつけ
スィート・ビィラを予約したウェスティン・レジーナ











そしてモナコと並ぶ高級リゾ−ト地、憧れのアカプルコ

三浦和義の写真集「楽園」を見て憧れの「Las Brius」
アカプルコ湾を見下ろすプ−ル付きのスイ−トビラで過ごした夢の10日間







アメリカ、サンディエゴは過去に5回滞在していますので
国境の街ティファナは何度も訪問しています

こちらは2年前、徒歩での国境越え
サンディエゴから入ったティファナ





カンクンとこの4箇所との最大の違いが物価です。

メキシコの物価を想像してやって来るとヤケドどころか丸焦げになります。(笑)

カンクンをメキシコと思わないことですね
それ以外は、別世界のパラダイスですが・・・・・

最高な点を挙げていくと

まず、アジアから遠いことです

ですから、日本人を含めた中国人や韓国人がいません。これは最高です。

ハワイやグアムなどはホテルの従業員を除くとアメリカ人を探すことが困難な位
アジア人だらけですからね。(笑)

2つ目は、物価が高いということは一定以上のクラスの人しか来れず
リゾート地にありがちな下品で無秩序な雰囲気が皆無だという所です。

治安も最高に良いですし、ホテルやレストランでも皆さん
マナーが大変良いので雰囲気が最高です。

ディナー・タイムにホテルやレストランで短パン姿や下品な団体客がいたら
雰囲気ぶち壊しですから。

真夜中のクラブに行っても集っている若いアメリカ人達も
育ちの良さが肌で感じます。

ハチャメチャなバカ騒ぎしていても危険な雰囲気が全くありません。

雰囲気はマイアミのサウス・ストリートですが危険度ゼロです。

ですので、今回のファミリー旅行などにはピッタリです

最後にやはりコレでしょう。
カリブの海です。

「車でセブンマイル・ブリッジを渡りキーウエストの夕陽が見たい!!」





という事だけで日本から27時間かけて
アメリカ最南端の町キーウエストに行って来ました。








この感覚です。

目の前にある、このカリブの海は
どれだけ遠くても、幾ら物価が高くても
見る価値はあります。

小さい時から、たくさんの美しい海を見た
息子が

「最初、メキシコに行くと聞いて、よくわからなかったけど、
ココに来たかった理由はこの海なんだね。カリブ海を見れて本当に良かった。」

と言ってくれて嬉しかったです。

メインダイニング

2011年03月24日(木) 23時50分
ディナーはJWマリオットの
メインダイニングを予約しました。





ホテル入り口に堂々と輝く
5つホテルの認証楯





イタリアンのメインダイニングは
ミシュランガイドのアメリカ版である
AAAの4つ星認定されてます。



服装も粗相がないように
主人は襟付きシャツに
ディナー・ジャケット

息子はご愛嬌で勘弁してもらいました。(笑)

さすが5つ星ホテルのメインダイニング
気品あるエレガントな雰囲気!!

美しい女性の案内係に
席に案内されながら、
逐一説明を受けます

ここは、ワインセラー




長い通路を抜けると




バーがあり




予約席にシッティング



インテリアは、正にイタリア








エレガントな雰囲気の中、
ゆっくりとディナーを楽しみました。
息子にテーブルマナーを教える、
良い機会になりました。

オーダーは、ウエイターのオススメで

まず、
前菜として、アンガス牛のカルパッチョ
盛り付けがオシャレです。
お味は抜群!!!




ピザ・マルゲリータ
チーズが濃厚です。
トマトも美味しい




パスタはクリームのフィトチーネ
イタリアンの濃厚な味わいです。




あまりの美味しさに、
後は撮り忘れ
家族でディナーを楽しみました。

一番安いガーリックのパスタでも
日本円で3000円以上
税金とチップを含めた、
この日のお支払いはご想像にお任せします。(笑)

帰りに薔薇と名刺入れのプレゼント





大満足のディナ−でした。



シーフード・レストラン

2011年03月24日(木) 23時47分
カンクンの船着場のビーチは
ローカルの人達でいっぱい、
ラテンのお祭り騒ぎです。







カリブの雰囲気が満点です。










シーフードが食べたかったので
ビーチサイドのレストランに飛び込み!








私は、マルガリータ
主人は珍しくピニャコラーダをオーダー






日本で飲むマルガリータとは全然違います
何が違うのでしょうか?

とにかく美味しくて、
ガンガン飲んでます
(笑)


前菜のタコチップ
サルサは現地味。
強烈は辛さです!!!



私達は少し付けただけでも、
ヒーヒー言いましたが
ローカルの人達はタップリ付けてました。

息子はハンバーグ
アメリカと違い、旨さ抜群だそうです。



いつもの、海老のセビチェ
スパイスが効いてバカ旨!!



魚のスパイシー・グリル
脂がタップリ乗って、
とても美味しかったです。




海老のスパイシー炒め
海老がとにかく美味しいですね。



トルティーヤに巻いて食べます。




これだけ食べて、
日本円で6000円ほど
安いですね。

カンクンのホテルロードで食べると
この2倍から3倍はします。

大満足でごちそうさまでした。





イスラ・ムヘーレス 4

2011年03月24日(木) 14時54分
レンタルカートで
島の最南端を目指します。
















この海の先には、
キューバ、ジャマイカがあります。






ユカタン半島の先端部
メキシコ最東端にやって来ました。






この先にマヤの遺跡があります。




カンクンを望むオープン・カフェ
オシャレです。










楽園イスラ・ムヘ−レスで見るカリブ海です。





イスラ・ムヘーレス 3

2011年03月24日(木) 14時23分
楽園イスラ・ムヘーレス上陸です。








ビーチの砂は
真っ白でサラサラです。







町は洗練されたカンクンと違い、
のどかな田舎町です。












カートをレンタルして島内一周です。

イスラ・ムヘーレス 2

2011年03月24日(木) 14時09分
海上から見るカンクンのホテル街








カンクンから離れるにつれて
海の透明感が変化します。
感動の海ですよ。






イスラ・ムヘーレスに近くなると
透き通っています。










イスラ・ムヘーレスの港が
近くなって来ました。
海の透明感は写真で分かるでしょうか?
実際に見たら絶句しますよ。










まもなく港です。










イスラ・ムヘーレスの港に入港です。
透明感抜群で身震いします。












ブログの写真は、アップロードの都合で
iPhoneの携帯カメラの写真です。

実物見たら卒倒する美しさですよ。

イスラ・ムヘーレス

2011年03月24日(木) 13時55分
カンクンから船に乗り40分
カリブ海の小島
楽園イスラ・ムヘーレスに行きました。

カリブの海賊の島
スペイン語で「女の島」という意味を持つ地球の楽園のひとつです。

チケット販売所




出航まで40分ほど時間があるので
ビーチで遊びました。
サラサラの白砂です。












ここから船に乗ります。




オススメはオープンの2階席
かなり小型船なので、
ジェットコースターなみに揺れまくり
息子は大喜びでした。













ナイトライフ カンクン2

2011年03月23日(水) 11時09分
食事後、クラブが集まる
メイン・ストリートに出ると

ビックリ!!!








お店に入りきれない人が
ストリートに溢れかえり、人だらけ!








とこのお店もお立ち台があり
ダンサーがフロアーを盛り上げてます。








お店によって、
音楽のジャンルが別れてました。
ハウス、トランス、ヒップホップ、ロック
R&Bなどでした。

フロアーでは、陶酔状態で踊ってます。




とにかく陽気です。
底抜けに陽気です。

さすがラテンの国!!!
観光客もやりたい放題
こんな状態が朝まで続くそうです。(笑)

ナイトライフ カンクン

2011年03月23日(水) 9時46分
カンクンのホテル街にある繁華街に
繰り出しました。










私はメキシコ・アメリカで人気の
イタリア水着ブランド「zingara」で
水着を購入。




ハードロック・カフェを中心に
クラブが30店あります。





それぞれの店から流れる
爆音の音楽がストリートに入り乱れ
街全体が狂乱のお祭り騒ぎです。










夕食は、タコスの人気店
タコ・ファクトリーで






日本のお寿司感覚で
自分の好きなネタで巻いてもらいます。



前菜のタコチップのサルサは
5種類あります。
好みのものをかけて食べます。




このお店も炭火焼で肉を焼いていました。
牛肉が柔らかくて
本当に美味しかったです。





メキシコ料理

2011年03月22日(火) 23時31分
カンクンはバスが24時間動いています。






私達は、ホテル前のバス停から15分の
ダウンタウンへ出かけました。






お腹も空いたので、街中の人に
メキシコ料理店の場所を聞いても
英語を話す方がいないのです。




ココはメキシコ!!
公用語はスペイン語なんです。

身振り、手振りを交えて
何とか教えてもらったお店
El Tacolate です。










お店の表に漂う炭火焼の良い香り

ココは美味しいに違いないと
ピンっと来ました!(笑)

前菜のタコスチップとサルサは3種類



機内誌で見て、絶対に食べたかった
エビのセビチェ
これがビックリする程美味しかったです。




トルティーヤで巻いて食べます。




お店のオススメ、豚肉のタコス
炭火焼の豚肉が美味しかったです。






黒毛アンガス牛のステーキ
牛肉はマリネにつけ込まれており、
ライムと炭火焼の香りで
久しぶりに美味しいステーキを食べました。

私と主人は、ニュ−ヨ−ク・カット




息子はTボ−ンで






日本で食べるメキシコ料理とは
全然違います。
本場のメキシコ料理は、
本当に美味しいです。

多分、香辛料とライムが違うのでしょう。

3食ともメキシコ料理でいけます。(笑)




カンクン 滞在記1(プール)

2011年03月22日(火) 13時50分
今日は朝からホテルのプールサイドで
リラックスしていました。




私達が滞在しているのは、
カンクンに3つしかない
5つ星ホテルの1つJWマリオットです。






ホテルの内容は、
私の旅行前のMIXY日記に
詳しく書いてますから、読んで下さいね。

パンフレットや写真で見るホテルや風景が
実物と違うと言う事が多々あります。

ここカンクンは、
正にホテルのホームページや
パンフレットで見たそのままです。









ここは日本を含み、
アジアからは遠いですから
東洋系のツーリストはいません。
また、敷地が広大な為、
スペースが本当にゆったりしてます。




この辺りが、
ハワイとの違いです。

だから、何を写しても絵になります。

後、アメリカと違い
何故か黒人がいません。
どうしてなんでしょうか?
知ってる方がいたら、是非教えて下さい。

メキシカンと白人だけです。

JWマリオットのプールサイドに
話を戻しましょう。
絵になる美しいプールです。








ここは、メイン・プールです。




建物を挟んで、
18歳以上の大人しか入場出来ない
気品ある、アダルト・プールがあります。

ビーチは純白でサラサラの砂です。




海の色は
カリブ海特有のコバルトブルーです。
こんな海の色は見た事がありません。









カリブ海に魅せられて、
世界中から旅行者が集まるのが
この海を見て初めて実感できます。

カンクン 速報2

2011年03月21日(月) 23時22分
おはようございます。
現在は、朝の8時です。

お部屋の前はビーチなので
波の音で目覚めました。









カリブ海、メキシコ湾の海の色に
見惚れています。

とにかくご覧下さい。






カリブ海の爽やかな潮風と共に
お部屋で朝食です。








カンクンの物価は
ニューヨーク・東京に匹敵します。
ハワイの方がよっぽど安いです。

昨夜のディナーや朝食の価格を見て
ビックリしました。(笑)

昨夜のホテルのロビーや
ディナーに行った
シーフード・レストランでは

リゾート地にありがちな、
短パンとTシャツではなく、

皆さん襟付きのシャツかジャケット着用の方ばかりで、

洗練された大人の為の静かで
上品なリゾートの雰囲気ですね。

FRED`S

2011年03月21日(月) 15時33分
チェックイン時、
シ−フ−ドのリクエストを上げておいたら

ホテル・コンセルジュから紹介されたお店が
JWマリオットの前にある、シ−フ−ドレストラン「FRED`S」です。






最近オ−プンしたばかりですが、
すでにカンクンNO.1レストランの称号があるらしいですね。

夕食時は予約が困難であると言われています。
ただ、私達が入店したのは、深夜1時でしたのですんなりと入店。
カジュアルでも大丈夫でした。

ただ、次回のディナ−タイムはジャケットないしは襟付きシャツをお願いされました。

お店に入ると、大きな水槽とカウンタキッチン







ヨットハ−バの噴水前の席がお店の特等席らしいです。








奥にはガ−デンバ−があります。
ここも雰囲気最高ですね。




生牡蠣のカクテルと蟹のス−プ






お薦めのシ−フ−ド・タコス




アンガス牛のステ−キ




デザ−トはお店自慢のフル−ツのパイケ−キです。




アメリカと違い、量はそんなに多くありません。
味は、アメリカと次元が違う繊細さがあります。
日本の一流レストランと遜色ないですね。

ただ、お値段はびっくりしました。 (笑)
東京の5つ星ホテルでのダイニングと変わらないお値段です。

本当に美味しいものを、お腹いっぱい食べて初日から大満足です

カンクン 速報

2011年03月21日(月) 14時44分
無事カンクンに到着しました。
南国です。
夜の9時で気温23度です。



私は4度目のメキシコですが、
印象が全く違います。

空港からホテルまで
とても清潔感が溢れ美しいです。

特に、メキシコのタクシーは
どこもかしこもボロボロだったのですが
カンクンは
綺麗な車やタクシーしか見ません。



ホテルは、5つ星のJWマリオットです。エレガントな気品と洗練された上品さが
あるリゾートホテルです。
http://www.marriott.com/hotels/travel/cunjw-jw-marriott-cancun-resort-and-spa/

お部屋は、目の前が海で



かなり広く快適に4泊出来そうです。










嬉しいのは、洗面台が2台ある事




バスタブとシャワーが独立してある事も
高級ホテルの証ですね。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:YUKARI
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・海外旅行
    ・お買い物
    ・ファッション-Gianni Versace, Gucci
読者になる
http://yaplog.yukari1112.com/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE