諦めなければ、何でも出来る!!

2011年03月20日(日) 12時42分
今はリラックスして、ニューアーク・リバティ空港でカンクン行きの搭乗待ちをしています。

がっ・・・・・

10分前までは、
オーバーブッキングの為、
席が1人分無く、
航空会社から明日のフライトに
変更して欲しいと言われている
有様でした。

今回の旅行は、今迄に大きなトラブルが
3つありました。

まずは、出発の前日の大地震です。
最初の目的地ロサンゼルスへは、
伊丹より羽田、
そこから成田空港経由のフライトでした。

私達は、阪神大震災をど真ん中で経験していますから、直ぐに問題視したのが2点。

1つ目は飛行機が飛ぶのか?

2つ目は羽田と成田空港間の移動をどうするか?

旅行の断念は、一切考えませんでした。
と言うのは、この旅行は息子の高校入学のお祝いだったからです。

彼がこの旅行を楽しみに、
人並み以上の努力をした事は、
親の私達が一番理解しています。

彼は努力して達成しました。
今度は、私達が努力して、
彼の達成に報いる番です。

息子には、どんな手段を使ってでも、
諦めずに目的地に到達するから、
覚悟するようにと
そして、両親の行動をよく見ておくように伝えました。

フライトに関しては、
航空会社の電話は殺到し不通
ホームページには、当日は欠航、明日以降は未定と

羽田と成田空港間に関しては、
全ての交通機関が不通、復旧は未定

夕方に主人と2人で緊急会議!!

スケジュールでは、
全日空伊丹出発12時半、
UA成田出発は16時半

マスコミからの錯綜している交通手段の
情報で一喜一憂しても仕方ないので、
この日は体力温存で早めに就寝。

翌日、早朝に伊丹空港に行き、
勝負開始です。

予想どうり、空港は大パニック状態
人がターミナルから溢れかえってます。

伊丹と羽田は運行している事が分かり、
次に全日空のグランドホステスに、
UAの情報と
東京の交通機関の情報を聞くと
何も分からないとの回答

その上で、ある決断を迫られました。

今なら、天災なのでロサンゼルス迄の航空券はキャンセルして払い戻しは出来ると!

私達夫婦の若い時からの、
人生哲学は

迷えばGO!!

自分の目と耳で確かめた情報以外は
信じない!

取りやめなんて、トンデモナイ!
東京の情報を知らない人間に惑わされても仕方ない

羽田まで行けるなら、いち早く行こう!

と言う事で、フライトを早めに変更して、伊丹を出発しました。

羽田到着は11時半
バスは予想通りストップ

私鉄は、成田空港迄は区間不通の為
使用不可。

JRは、運行再開らしいがいつ電車が来るか、どこ迄行けるかは未定との、駅職員の情報。

待ってても仕方ないので、
タクシーに飛び乗り、成田空港を目指す。

タクシーの運転手は、3時間半あれば、
成田空港に着いて見せると豪語するが、
羽田を出た瞬間から、
千葉方面は、大渋滞!

全く動く気配もなく、無駄に時間が経過

運転手は、目の前の渋滞でパニック
途方にくれてましたが、

私達は、iPhone2台とiPadを駆使して
インターネットで情報収集

総武線が30%ながら運行開始の情報をキャッチ

現在地から一番近い、JR両国へ
時間は午後1時

JR職員の話では、15分後に千葉までの各駅停車が来るが
千葉以降の情報は分からないと
後、電車が来ても既に満員の為、乗れない可能性があるとダブルパンチ!

いざ、電車がきたら、乗客は満員どころか
はち切れた状態。
成田を目指す人も沢山いました。

私達は、スーツケース3つもあり、
途方にくれた瞬間!

主人と息子と3人で手を握り
いくぞ!!

こんな大パニック時は、
皆さん親切です。

わずかな隙間を作り
スーツケースを置いてくれたり、
成田空港迄の行き道を教えてくれたり、
すし詰めでパニック状態なのに会話は、
お互いを労わる感じで、旅の安全まで
言ってくださった方もいました。

阪神大震災の時もこんな感じだったと
思い出しました。

千葉からは、1時間に1本だけ成田行きが再開しましたが、
案の定、とても乗れる状態にあらず
乗客全員、成田を目指す人、
ホームにもスーツケースを持つ人が溢れていました。

こんな時に、
人間の本性や国民性が現れます。

若い白人系の外国人は、
露骨にもう乗れないから乗るな!
と叫んだり

何とか乗り込む日本人を邪魔したり

海外に来て、震災に会い心細いのは
分かりますがね。
あまり天災の経験が無いのでしょう。

私達は、電車に乗り込むのを阻止しようとする前方部の白人を、
後ろから押し込む日本人男性に助けられ、押し込んでもらい、何とか乗車

両国から息もマトモに出来ない程の
すし詰め状態4時間で
成田空港に到着!!

西宮の自宅からは、10時間!!
出発40分前にチェックイン出来ました。

飛行機に乗り込む瞬間
3人で手を取り

吉田家VICTORY!!
とやりました!(笑)

因みに、この日の成田空港は、
どの航空会社のチェックイン・カウンターも旅行者で溢れ

私達の乗ったロサンゼルス便も
満席でした。

皆さん、何とか
ここ迄辿り着いたんだ
と感動しました。

不安にさせる他人からの情報や
自分の弱気を信じなくて良かったです。
迷えばGOですよ!!

今はカンクン行の飛行機で
これを書いています。
到着次第、ブログにアップします。

成田行きだけで、沢山書きましたから
後の2つは、またの機会に




グッバイ NY

2011年03月20日(日) 5時04分
エンパイアから徒歩でウォルドルフ・アストリアまで






途中にNY図書館があります。






とにかくマンハッタンの移動は徒歩が一番
4日間でよく歩きました。(笑)






ランチはセントラル駅近くの
タイ・中華料理で




香草タップリのベトナム・フォー



ビーフ照り焼き



海老のスパイシー・バジル炒め



お料理の味もレベルが高く、
美味しかったです。




ウォルドルフ・アストリアを
チェックアウトし
ニューヨーク・リバティ空港へ向かいます。








カンクンまで5時間のフライト
到着するとそこはパラダイスです。









エンパイア・ステートビル

2011年03月20日(日) 3時50分
今日はニューヨーク最終日です。

昨夜のTOP OF THE ROCKに引き続き
エンパイア・ステートビルからのNYを
楽しみました。

ビルの下から屋上は
高すぎて見えません。(笑)






キングコングが登った事でも有名ですね。





エレベーターで86階へ






それでは、絶景をお楽しみ下さい。
まずウォール街のビル





ハドソン河とニュージャージー






反対側のブルックリン



ミッドタウンの摩天楼







ヘリコプターからの景色みたいですね。












摩天楼の壮観に感動です。









TOP OF THE ROCK

2011年03月19日(土) 22時40分
NY最後の夜はTOP OF THE ROCKに
夜景を見に行きました。




ウォルドルフ・アストリアからは
徒歩で10分




ロックフェラー・センターです。




アイス・スケートリンクがあります。
数々の映画の舞台になってますね。




このビルの最上階に展望台があります。




摩天楼の夜景をご覧下さい。
正面はエンパイア・ステートビルです。










マンハッタン南部の夜景











息を呑む景色に、
時間を忘れて見惚れていました。














5番街

2011年03月19日(土) 22時14分
マンハッタンの5番街を散歩です。過去幾度訪れたか数え切れませんが・・・・


いつきても飽きないマンハッタンの5番街










ティファニー




ルイ・ヴィトンに行きましたが
お目当てのバックはありませんでした。
残念!!




「ウォルドルフ=アストリア」と共に、ニュ−ヨ−ク滞在時の定宿の宿泊先「The Plaza」


「ホームアローン2」やドラマ「SEX&THE CITY」の舞台になりました。





NYのお気に入りの一つが5番街の「Plaza Hotel」の部屋からセントラルパ−クを眺めながらのティ−タイム。



「歴史的建造物のホテル」から「最新HIPなホテル」まで滞在先によって風景や思い出が変わるのも旅行の楽しみです





夕刻のニュ−ヨ−ク・セントラルパ−ク前です。









ウォルドルフ=アストリアまで徒歩でぶらぶら














NY近代美術館 MoMA 2

2011年03月19日(土) 21時54分
ピカソ、ゴーギャン








主人の大好きなアンリ・ルソーの夢




アンディー・ウォホール





特別室でピカソ展をしていました。
残念ながら撮影は禁止でした。
ピカソは生涯で膨大な作品を
創造した事を理解しました。




とてもモダンなMoMAの中庭と
表に見える100年を超える建物の
コンストラクトが芸術的です。





NY近代美術館 MOMA

2011年03月19日(土) 17時54分
メトロポリタンからMoMAに
やって来ました。



ここでは日本語のオーディオ・サービスを利用してじっくりと鑑賞しました。




主人の見たかったダリ










ピカソ、ゴーギャン、モネ











メトロポリタン美術館 2

2011年03月19日(土) 17時26分
ロスのゲティー博物館で見た
ジアコメッティのブロンズ像
こちらは小型ですね。




ピカソ






主人の大好きなダリ






アンディー・ウォホールの毛沢東
こんな巨大だったのですね。



私の大好きなデビッド・ホイックニー




ロサンゼルスで宿泊したホテル
ハリウッド・ルーズベルトの
プールの壁画を描きました。


水没していた紀元前エジプトにあったデンドール神殿が
館内に復元されていました。











ローマ帝国芸術



日本からの交換留学生と記念撮影




ルネサンス芸術から現代まで
コレクションは膨大です。





メトロポリタン美術館

2011年03月19日(土) 17時05分
本日は、世界最大の美術館である
メトロポリタン美術館に行きました。







ロサンゼルスにてポ−ルゲティー博物館に行った事から
息子が芸術に興味を持ち出しました。

彼もワクワクしながら、
いざメトロポリタンへ
今朝は朝から気温が20度近くで
暑い一日でした。



メトロポリタンの前で
ドゥワップのパフォーマンス




メトロポリタンはとにかく巨大です。
テーマを絞らないと
とても周りきれません。



ピカソの初期画
まだ、まともな絵を描いてますね。(笑)




その後のピカソ




ゴーギャンのタヒチの女



ゴ−ギャンだらけ



ゴッホです。



モネ





パート2に続します。

ブロードウェイ

2011年03月18日(金) 16時29分
ブロードウェイです。






夕食は飛び込んだ
BBQのお店で。





飲み物も巨大
正にアメリカンなお店です。



海老のカクテル
巨大な上にプリプリで最高でした。



山盛りのコールスロー



お馴染みNYステーキ



お腹いっぱいで大満足です。



食後は
夜の華やかなブロードウェイを散歩。

カウントダウンは100万人が集まる
タイムズ・スクウェア












シカゴ・ブルズ 2

2011年03月18日(金) 16時07分
親切なNYの方達のおかげで
無事プルデンシャル・センターに到着できました。





会場に入ると、試合前の練習中です。
こんな間近でス−パ−スタ−達の練習を見て卒倒しそうですね。





プルデンシャル・センターのバーです。
とてもカッコイイです。



アリーナ席の特権で
サインと握手が出来ます。



シカゴブルズのセンターの
ジョア・キムノア



ガードのカルロス・ブーザー



今年のMVP
シカゴブルズのス−パ−スタ−
デレックローズ



ブルズファンの息子は
興奮の余り緊張しまくりでした。(笑)



国家斉唱です。
感動しました。




現在、シカゴブルズは東地区独走の1位
ジョーダン在籍時に匹敵する強さを
復活したらしく、ビジターでありながら
大人気です。

5階席まである会場は、ブルズファンで
埋まりました。






本日は、聖パトリックデーなので
一年でこの日だけ
ブルズのユニフォームは緑色です。
とてもレアな事で
NBAマニアの息子は大喜びでした。




試合は、最初ブルズが大量リードで
楽勝パターンだったのですが
第3クォーター残り3分で2点差



第4クォーターで
同点に追い付かれましたが

ここからMVPデレックローズの大活躍で
11点差でブルズの勝利!!
会場は、デレックローズがプレーする度に
耳を劈くMVP、MVPの大合唱・大コール!

私達も、試合後は声が出なかったほど
大はしゃぎで楽しみました。



シカゴ・ブルズ

2011年03月18日(金) 15時33分
今回の旅行の最大の目的が
高校入学祝いにNBA、
特に息子が大ファンである
シカゴ・ブルズの試合を見る事です。

ブルズの本拠地シカゴは、日程が合わず
今回はニューアーク・プルデンシャル・センターにて、ネッツとの試合のチケットをアリーナ8列目で確保しました。

昨夜は、NYペン駅からEWRペン駅まで
英語の勉強も兼ねてアムトラックに
乗車しました。



NYペン駅は、巨大な鉄道駅です。
(ホームだけで25もあります)




切符を買い、
どのホームから何に乗るのかを
探すだけでも大変でした。






ただ、NYにも親切な方は沢山いまして
私達の拙い英会話でも、いろいろと教えてもらい何とか辿り着きました。






これも海外旅行の醍醐味ですね。

アムトラックの中でも、日本人と分かると
いろいろな人が話しかけてくれて
楽しかったですよ。




試合はパート2で

VIVA!! NEW YORK 3

2011年03月18日(金) 14時33分
昼食は、和食の有名店「源氏」の
寿司バーで、海鮮丼を頂きました。



お味噌汁も良いお出しが出てました。



ロサンゼルスで食べたお寿司と同じく、
サーモンのトロ、甘さタップリのウニ、
プリプリの大きな海老
そして意外ですが、
ウナギが本当に美味しかったですよ。




ジョン・レノンが住んでいた、
セントラルパークに隣接する
1884年建設のダコタ・ハウス





今でも、オノ・ヨーコさんが住んでいます。


ジョン・レノンの死後、
彼の平和の願いを込めた造られた
イマジン碑






松井がヤンキース時代住んでいた、
トランプ・タワー
彼の家賃は250万だったそうです。




国連です。




マンハッタン最北端にあり、
コロンビア大学に隣接する
リバーサイドチャーチ

13世紀のゴシック体大聖堂にならって
つくられています。



中に入ると、
パイプオルガンが演奏されており
あまりの聖なる雰囲気に親子で
震えが止まりませんでした。








最後は、ハーレムをドライブ
R&Bの殿堂アポロ・シアター








VIVA!! NEW YORK 2

2011年03月18日(金) 13時43分
マンハッタン最南端から
スタッテン島行きのフェリーに乗り
自由の女神を見に行きました。






マンハッタンを離れるにつれ、
ウォール街の摩天楼が
浮かび上がります。








左にニューアーク
中央がマンハッタン
右がブルックリン
水に浮かぶ摩天楼は絶景です!!








アメリカの象徴
自由の女神です。






その後は、ブルックリン大橋を渡り、






マンハッタンから対岸の
ブルックリンへ




マンハッタンの摩天楼が壮観です。







VIVA!NEW YORK

2011年03月18日(金) 2時19分
携帯用無線LANのWIFIが不調で
ブログの更新が出来ませんでした。

聞くと、車も無線LAN電波も
大渋滞で混乱するらしいです。
さすが世界一の大都会です!

昨日は朝から、
ニューヨーク観光に出かけました。





この車で一日観光に出発です。




本日は、聖パトリック・ディなので
ニューヨークの目抜き通りである
5番街が閉鎖され、パレードがあったり
ニューヨーク全体がお祭り騒ぎです。
全米からニュ−ヨ−クに人が来て大混雑してます。








ミートパッキング・エリアにある、
今ニューヨークで1番ホットな
チェルシー・マーケット








ワールド・トレードセンター跡地である、
グランドゼロ
フリーダムセンターが建設中です。





世界の金融の中心地ウォール街です。
アメリカ最初の国会議事堂
当時はニューヨークが首都だったそうです。








初代大統領ジョージ・ワシントン像




その前には、ニューヨーク証券取引所




パート2に続きます。

速報 ウォルドルフ=アストリア

2011年03月17日(木) 17時06分
ニューヨークのマンハッタンに到着しました。


今日から3泊4日を過ごす「ウォルドルフ=アストリア」に3年ぶりにチェックイン、何時もの定宿に帰ってきました







場所はパーク・アベニュー沿いのセントラル駅の間近です。






ニューヨークの伝統、格式、威厳を感じるホテルです。














夕刻にはホテルの前に、リムジンが何台も横付けされます。







ホテルの顔である、1893年のシカゴ博で使用されたブロンズとマホガニーの時計があるロビ−は雰囲気抜群です。



天井の壁画も伝統を感じますね。












今回はタワ−の新館が満室で、クラシカルな歴史的価値のある旧館です


ニューヨークのホテルはお部屋が狭いのですが、ここは合格点です。(笑)







テレビは40インチです。





とりあえずホテルの速報でした。明日のブログで詳しくアップしますね。

ウォルドルフ=アストリア (N.Y)

2011年03月17日(木) 17時00分
今日はNew Yorkで宿泊する、私たちのニュ−ヨ−クの定宿でお気に入りの 「The Waldorf Astoria (ウォルドルフ=アストリア)」について書きます。






1883年開業、ニューヨークのみならずアメリカを代表する高級ホテルとして内外に知られ、 ニューヨークの輝きと優雅さの象徴のようなホテル


何十年にも渡りアメリカ大統領の滞在先としても、また世界のVIPの滞在先としても利用されています。



過去に日本の昭和天皇や歴代首相も宿泊されています。



アメリカ政府が42階のスイートルームをアメリカの国連大使の公邸として借り上げているほか、 アイゼンハワー大統領やマッカーサー元帥が自邸として使用していたこともあるホテル。


重厚なロビーは、歴史を感じさせる趣。 客室にもシックで大人の雰囲気が漂っています。








映画『メイド・イン・マンハッタン』『星の王子ニューヨークへ行く』 『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』『ゴッドファ−ザ−』『ピンクパンサ−』など・・・多くの舞台にも使われています。


まるで要塞のような外観の同ホテルは、パーク・アベニューにありながらも、この街で最もプライベートな雰囲気のあるホテルとして高い評判を得ています。



高級感漂うロビーにはブロンズとマホガニー製の1893年のシカゴ博の時計が置かれていて、ここは待ち合わせ場所としてもたいへん人気です。





また、格式の高さはニューヨークでトップクラスであり、 夕食前の待ち合わせでロビーは、 男性はタキシ−ド、女性はカクテルドレスという正装の人がほとんどだそうです。



ウィキペディアは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2



ホテル・ホ−ムペ−ジは
http://www.waldorfnewyork.com/?WT.mc_id=1WA2MS3Waldorfastoriacollection5visithotel6NYCWAWA7localsite



http://www.hiltondevelopment.com/waldorf-hotels-residences/?lang=ja ビデオが見れます。

5時間のフライト

2011年03月17日(木) 10時56分
今、ニューヨーク・ニューアーク
リバティ空港に到着しました。

まだ飛行機の中です。(笑)






ニューヨークとロサンゼルスでは
3時間も時差があります。





アメリカは大きいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:YUKARI
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・海外旅行
    ・お買い物
    ・ファッション-Gianni Versace, Gucci
読者になる
http://yaplog.yukari1112.com/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE