トルコ Vol.7 「カマン・カレホユック (Kaman Karehoyukku)」

February 12 [Tue], 2019, 20:27
Turkey ruins travel Vo.7 : リハビリテーション・トリップ・トルコ Vol.7

「カマン・カレホユック (Kaman Karehoyukku)」


記念のPV作成しました。是非ご覧ください








本日はトルコ中部、標高1100メ−トルの「カマン (Kaman)」へ


紀元前20世紀、世界最古の鉄器が発掘された「カマン・カレホユック遺跡」を見学しました











2019 2/10(日) 8日目 世界遺産 <サフランボル>



洞窟ホテルの「MDC CAVE HOTEL」、私たちに宿泊した201号室から素晴らしい朝焼けです



















洞窟ホテルの「MDC CAVE HOTEL」では、カッパドキアの景観を眺めながらの朝食です
















”ギョズレメ(トルコ式パニーニ)”コーナーで、「ギョズレメ・作り」を体験しました。










生地にじゃがいも・ほうれん草・チーズを入れてカリカリに焼き上げます。軽い食感で、何枚でも食べれそうです。









「カマン・カレホユック」へ出発







”古代ギリシャ・ローマ文明”に先立つ、「アッシリア、ヒッタイト」など・・・・”紀元前20世紀の新石器時代”から・・・・・文明がいくつも栄えた場所”アナトリア中央部”に位置する「カマン・カレホユック」







「カマン・カレホユック遺跡」から、紀元前20世紀、世界最古の鉄器を発掘したのが、日本の「アナトリア考古学研究所」、その「カマン・カレホユック考古学博物館」を見学













カマン・カレホユック考古学博物館
http://kalehoyukarkeolojimuzesi.gov.tr/jp/









首都「アンカラ」に立ち寄り、ランチタイム








お料理は「ギュペチ(野菜の煮込み料理)」です











ランチ後、黒海地域、”13世紀から17世紀”にかけて「香料・サフラン」交易の中心地として発展、世界遺産の街、サフランが名前の由来「サフランボル」へ向けて出発


















本日の宿泊は「Hilton Garden Inn Safranbolu 」です














本日もブログにご訪問いただきありがとうございます
Produce by YUKARYTHEM
  • URL:http://yaplog.yukari1112.com/archive/427
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:YUKARI
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・海外旅行
    ・お買い物
    ・ファッション-Gianni Versace, Gucci
読者になる
http://yaplog.yukari1112.com/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE